SCHEME

SCHEME

Image photo

「Brillia City 三鷹」では、1991年の法改正により創設された「定期借地権スキーム」を採用しています。
これによって「住宅・商業・保育・学童・防災公園一体の大規模複合プロジェクト」を、
「3LDK 3,900万円台~、4LDK 5,200万円台~」という合理的な価格で提供することができました。
以下、そのスキームの概略について解説します。

1.そもそも「定期借地権」とは?1.そもそも「定期借地権」ってなに??

「定期借地権付きマンション」のメリット・デメリット「定期借地権付きマンション」のメリット・デメリット

土地を購入せずに建物を所有できるため、
価格を抑えられます

国交省の調査によれば、一般には周辺相場と比べて
約2割ほど安価です
それゆえ、同じエリア・同じ予算でも、
広めの間取り条件の良い部屋を選ぶことが可能になります。
(※)国土交通省:「平成21年度 定期借地権付住宅の供給実態調査」

固定資産税や都市計画税などの
税金について、土地に関する部分の
負担はありません

(土地所有者の負担となります。)

定期借地権付きマンションでは、所有権マンションに比べて
ランニングコストの種類が増えます。
具体的には「地代」「解体準備積立金」などが該当します。
一方、定期借地権付きマンションは建物の使用サイクルが
前もって決まっている
ため、そこから逆算して合理的に
修繕計画を立てられる
という特徴もあります。

マンションでは一般に、建物の修繕を行うペースや、
いずれ発生する「建て替え問題」などについて、
つねに住民の間で合意形成をしていく必要があります。

定期借地権付きマンションの場合も、
合意形成しながら物事を決めていく点は同じですが、
マンションの「着地点」が前もって決まっているため、
そこから逆算して物事を決められる特徴があります。

さらに「Brillia City 三鷹」ならではの魅力とは?さらに「Brillia City 三鷹」ならではの魅力とは?

項目をクリックすると詳細がご覧いただけます

約70年間の長期設定
約70年間の長期設定

一般的には50年程度が多い借地期間について、本件は70年と長期の期間設定をおこないました。
住み続けることや、資産価値を考えても70年間は満足度の高い、長期設定といえます。

優良な立地に誕生
優良な立地に誕生

定期借地権スキームを用いれば、土地所有者が手放したくない
優れた住環境や利便性の高い土地にも住宅を建設することができます
「三鷹駅」利用×「吉祥寺」生活圏・始発バス停至近の「住・商・育・緑」一体開発は
定期借地権スキームを活用したからこそ生まれました。

定期借地権 Q&A

項目をクリックすると詳細がご覧いただけます

項目をタップすると
詳細がご覧いただけます

Q マンションの売却や賃貸は可能ですか?Q マンションの売却や賃貸は可能ですか?

A お部屋を売却することも、賃貸することも、もちろん可能です。

ご売却の場合は、書面通知・事前承諾・確認合意書(承継書面)の
締結によって譲渡(売買)できます。
賃貸の場合は、所定の書面通知・承諾を得て行います。

Q お部屋のリフォームはできますか?Q お部屋のリフォームはできますか?

A 建物は区分所有権。もちろん可能です。

専有部分は所有していますので、リフォームはもちろん、
ライフスタイルの変化に合わせて間取り変更も可能です。

Q 借地権マンションは相続できますか?Q 借地権マンションは相続できますか?

A 相続財産として相続人にそのまま承継できます。

定期借地権スキームのマンションも、相続財産として、
それまでと同じ定期借地権の条件で相続していただけます。

今後も益々、定期借地権スキームのマンションが
増えていくことが予想されます。
※発売開始物件・総戸数合計 リボンブレインズ調べ

東京建物は創業121年、日本最古の総合不動産企業です。定期借地権スキームも豊富な実績があります。

「東京建物」は、明治29年、安田財閥の創始者でもある安田善次郎によって
設立されました。平成28年に創業120年を迎えた、日本最古の総合不動産企業です。

創業者の善次郎が旨としたのは、「お客様第一の精神」と「進取の精神」。
例えば、創業から間もない近代国家幕開けの時代には、まだまだ一般の人々に
とって不動産取引の敷居が高かった状況を打開するために、今では当たり前の
ように使われている住宅ローンの原型となった「割賦販売方式」を、
日本で初めて導入しました

お客様第一の精神」と「進取の精神」。これら二つの信念は、
現在も東京建物グループの街づくりに受け継がれています。

東京建物は、借地借家法の創設直後から定期借地権付きマンションの普及にも力を入れており、
「プランベールEXサザンウイング」(1996年分譲・総戸数114戸)をはじめとして、
これまで首都圏を中心に数多くの定期借地権付きマンション供給の実績を持っています。

「Brillia City 三鷹」ゲストサロンでは、「定期借地権セミナー」を随時開催しています。「Brillia City 三鷹」ゲストサロンでは、「定期借地権セミナー」を随時開催しています。

株式会社リボンブレインズ 代表取締役 澤地 塔一郎氏株式会社リボンブレインズ 代表取締役 澤地 塔一郎氏

株式会社リボンブレインズ代表取締役。

1986年慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、約32年に渡り不動産業に従事。
不動産会社に在籍中、経済産業省「土壌汚染対策検討会」委員(2006年)や
NPO法人首都圏定期借地借家権推進機構にて運営委員を務める(現在)。
2012年に株式会社リボンブレインズを設立。代表取締役を務める。

不動産コンサルティングをメインに活動を展開しており、
定期借地権に関するセミナー公演も多数開催。

株式会社リボンブレインズ 代表取締役 澤地 塔一郎氏
来場予約来場予約