PLAN

image photo

「家が広い」という根本的なポテンシャル。平均面積約75㎡ ゆとりの住空間。「家が広い」という
根本的なポテンシャル。
平均面積約75m2
ゆとりの住空間。

「武蔵野セントラルシティ構想」の中核をなす「ブリリアシティ三鷹」。
その設計に際しては、この地のランドマーク・レジデンスとしての位置付けや、
ゆとりあるダイナミックな周辺環境との調和を十分に意識しました。

E-75H typeE-75H type
(SELECT1)
3LDK+WIC+CL3LDK+WIC+CL
  • 専有面積:77.24m²
  • バルコニー面積:12.60m²

各邸の平均専有面積は約75㎡。

暮らしに+αのゆとりが生まれるよう、
ひと回り大きな住空間として設計を進めました。

間取りに可変性を持たすべく、ウォールドアや
コミュニケーションライブラリーも選択肢に。

また、各戸にWICや納戸を標準採用するなど、
収納計画も十分な水準を追及しました。

フィオレストーンのキッチン天板やディスポーザーを
標準搭載するなど、設備仕様も充実のグレードに。

これら一つ一つの設計思想が、
436邸の美しいストーリーを紡ぎ出します。

間取りに可変性を持たせる「ウォールドア」。
ドアを閉めれば個室として使用でき、
ドアを開ければリビングとの連結が可能になります。
家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて、
フレキシブルに間取りを選択することができます。

リビングの脇に設置された「半個室形状」の多目的コーナー。
お子様の勉強スペースや家族共用の書斎など、様々な用途に
利用可能です。ワークトップや収納などが一体となって設計された、
使い勝手のいい空間です。

平均専有面積が約75m2と住空間にゆとりがあるからこそ、収納についても充実の水準が実現。
収納力に優れたウォークインクロゼットや納戸を全タイプに標準搭載しているほか、
お客様の声を商品開発に活かした収納を専有部の各所に設置しています。

キッチンの天板には「フィオレストーン」を標準搭載。
天然水晶を原材料とする「フィオレストーン」は、
水晶特有の美観と、抜群の清潔性を併せ持つ素材です。
インテリアとしてのデザイン性と、
健康的な生活を支える機能性が両立する仕様です。

キッチンシンクには「ディスポーザ」を標準搭載。
生ゴミを排水口でそのまま粉砕処理・廃棄することができ、
キッチンを衛生的に保つことができます。
また、安全性に優れたフタスイッチタイプを採用しています。
※一部処理できない生ゴミがあります。

間取りを棟ごとに探す間取りを棟ごとに探す

敷地配置図
  • アベニューコート・ブリリアントコート
  • センターコート・ガーデンコート
  • サクラコート

WIC:ウォークインクロゼット SIC:シューズインクロゼット FC:ファミリークロゼット N:納戸 CC:コミュニケーションコーナー
※掲載の写真はモデルルーム(B-90Gタイプ)を平成29年12月に撮影したもので、家具・調度品は販売価格に含まれておりません。
※掲載の敷地配置イラストは計画段階の図面に周辺の感局状況を付加し、描き起こした物で実際とは異なり、今後変更になる場合がございます。設備機器・配管類等は一部簡略化しております。なお、植栽は特定の季節の状態を示すものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。樹木の種類等は変更となる場合がございます。敷地周辺の建物・電柱・標識・架線・ガードレールは再現しておりません。
※記載の価格は販売予定価格であり、100万円単位となっております。