「三鷹」駅から伸びる美しい桜並木と、緑が潤う千川上水とが交錯する地点。
この風光明媚なロケーションに、広大な敷地を活かした「住」「商」「育」「緑」の複合新街区を創造する。
それが「武蔵野セントラルシティ構想」です。

ここでは「武蔵野セントラルシティ構想」の立案中に作成された、
コンセプト・アート(計画の世界観・方向性・基本理念をビジュアル化したもの)の一部を公開いたします。

「東京中が、もう一度武蔵野に恋をする。」
計画の一つ一つに込められた設計思想が、436邸の美しいストーリーを紡ぎだします。