LANDPLAN

LANDSCAPE

※外観完成予想CG

住宅、商業、保育、学童、防災公園が集結。住宅商業保育
学童防災公園始発バス停が集結。

外観完成予想CG外観完成予想CG

隣接街区にカフェ併設の
大規模スーパー

バス停からの帰り道で、
生活ニーズが満ちる日々。

レジデンスの隣接街区には、毎日の生活をサポートする
大規模スーパーが誕生。

これにより、最寄バス停からエントランスまでの帰り道
110mの間で、毎日の買い物を済ませることが可能
になります。

また、営業時間は9:30~22:00(※)。お仕事が遅くなった日でも充分に利用可能です。
※2018年5月開店時。今後変更となる可能性もあります。

店内は、広大なスペースを活かし、「健康」をコンセプトにした多彩な売場で構成。

対面販売により鮮度の高い生鮮食品を提供するコーナーや、管理栄養士監修のバランス食品を提案するコーナー、
そして店内焼きたて60種類のベーカリーを100円均一で展開するコーナーなど、まさに充実の内容です。

スーパーの中には、ゆったりとしたカフェも併設。
イートイン、テイクアウト、様々な使い方が可能です。

ほっと一息つけるカフェが身近にあることで、
お昼時のコーヒータイムや、休日のブランチなど、
色々なくつろぎかたが見つかりそうです。

保育園、学童施設で子育て支援(予定)。また隣接街区には防災機能を備えた提供公園も新設。保育園、学童施設
子育て支援(予定)。
また隣接街区には防災機能を備えた
提供公園
も新設。

子育て支援の一環として、敷地内に保育・学童施設を整備
地域の快適な子育て環境をサポートします。

また、本物件の敷地の一部を「きたうら公園」と一体化して、
防災公園として再整備
ひとまわり大きな公園として生まれ変わった憩いの空間は、
いざという時の頼れる防災拠点としても活躍します。

TOPICS

新しい住まい選びの考え方「育住近接」。新しい住まい選びの考え方
「育住近接」。

共働き世帯は増加の一途。「職住近接」=都心・駅近志向が高まっています。

一方で、「駅前」や「職場付近」といったエリアでは、保育園を見つけるのが至難の業。
また、小学校低学年の子をもつ家庭では、学童保育や習いごとなど、
「放課後を過ごす場所」を家の近くで探すことは簡単ではありません。

そんな親のニーズに応え、保育園や学童施設をマンション内に設置する動きが加速しています。

お迎え・お預かりをできるだけ楽に!

ご両親もお子さまも負担を小さく!

かつてのトレンド「職住」近接
新しいトレンド「育住」近接
※徒歩分数は80mを1分とし端数を切り上げて算出しています。 ※掲載の写真は、2017年4・9月に撮影したものです。(ImagePhotoを除く)
掲載のCG画像・イラストは計画段階の図面に周辺の感局状況を付加し、描き起こした物で実際とは異なり、今後変更になる場合がございます。設備機器・配管類等は一部簡略化しております。なお、植栽は特定の季節の状態を示すものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。樹木の種類等は変更となる場合がございます。敷地周辺の建物・電柱・標識・架線・ガードレールは再現しておりません。