LANDPLAN

LANDSCAPE

※外観完成予想CG

武蔵野の中枢に理想の街を。「住」「商」「育」「緑」複合新街区。「武蔵野セントラルシティ構想」。武蔵野の中枢に理想の街を。
「住」「商」「育」「緑」
複合新街区。
「武蔵野セントラルシティ構想」

武蔵野の中枢ともいえるこの地に、広大な敷地を活かした理想の街を創造する。
それが「武蔵野セントラルシティ構想」です。
「住」「商」「育」「緑」の4要素から構成される複合新街区が、
武蔵野の地に壮大なストーリーを創出します。

外観完成予想CG

「高さ緩和」によるゆとりある街づくり「高さ緩和」による、ゆとりある街づくり

本件の開発に際しては、地域の快適な街づくりへの貢献が認められ、練馬区の民間開発としては初となる「高さ規制の緩和」を
受けることができました。

これにより、建物の高さを法規制の1.2倍まで伸ばすことが
可能となり、その分、水平方向に余剰スペースが生まれました。
その結果、「ゆとりある配棟計画」「広く安全な歩道の整備」
「豊かな植栽計画」などが実現しました。

敷地にゆとりがあるという根本的なポテンシャルが、
街づくりのあらゆる部分で高いクオリティを生み出します。

目指したのは、武蔵野の中枢に、理想の街をつくること。目指したのは、武蔵野の中枢に、
理想の街
をつくること。

武蔵野セントラルシティ構想概念図
武蔵野セントラルシティ構想概念図

「武蔵野セントラルシティ構想」の中心をなすのは、全436邸のランドマーク・レジデンス「Brillia City 三鷹」。
各住戸の平均専有面積は、実に約75m2もの広さを確保。
住空間がひと回り大きいという根本的なポテンシャルが、毎日の生活に+αのゆとりをもたらしてくれます。

また、広さにゆとりがあるからこそ、
収納計画についても充実の水準を実現。
各戸に標準搭載された
ウォークインクロゼットや納戸を筆頭に、
タイプに応じてファミリークロゼットなどの
多彩な収納を選択可能です。

さらに、様々なライフスタイルに対応した
多彩なプランバリエーションが、
436邸の美しいストーリーを紡ぎ出します。

レジデンスの隣接街区には、毎日の生活をサポートする商業施設が誕生。
隣に「第二の大きな冷蔵庫」とも言うべきショッピング施設が
存在することで、思い立った時のお買い物など、
毎日の暮らしが飛躍的に楽になります。

子育て支援の一環として、敷地内に保育・学童施設を整備。
地域の快適な子育て環境をサポートします。
また、敷地の一部と隣接する「きたうら公園」を、一体化して再整備。
ひとまわり大きな提供公園とすることで、
地域の憩いの場を拡大整備しました。
※保育施設は入居者が必ず入園できるわけではありません。

武蔵野の自然を投影した、屋外庭園「ガーデン」。
四季の変化や空間のゆとりを感じられるアウトドアリビング空間として、
桜やモミジ、ドングリなど、様々な種類の木々が豊かな彩りを演出します。
また、中央には水景と、それを臨むデッキテラスを配置。
居住者の方々が思い思いに憩いの時間を過ごせる空間を目指しました。

本プロジェクトでは、ゆとりある敷地を活かし、
武蔵野台地を象徴する豊かな「桜」「緑」「水」によって、
ランドスケープ全体を演出します。

特に意識をしたのは、周囲の自然と調和すること。
敷地周辺の既存樹と部分的に樹種を揃えるなどして、
周囲の自然を借景として取り込みつつ、
武蔵野を投影した風光明媚なランドスケープの創出を目指します。

「高さ制限の緩和」を受けたことで、
敷地に余剰スペースが生まれた本プロジェクト。
そこで、敷地の一部を歩道上空地とし、
既存の道路を拡大再整備することで、
敷地の周囲に広く安全な歩行スペースを創出します。

例えば、敷地の南側や西側に面する歩道は、約9mもの道幅を確保。
インターロッキングで舗装され、美しい植栽帯が配置された歩道は、
安全でゆとりある生活環境の実現に貢献します。

本プロジェクトのグランドエントランスは、
始発バス停「北裏」から僅か110mの至近な場所に設計されています。
また、バス停「北裏」からグランドエントランスまでは、商業施設の前を通過する動線のため、
バス停からの帰り道でそのまま買い物を済ませることも可能です。

本プロジェクトの最寄バス停は「北裏」。
グランドエントランスから約110mの距離にあります。

ここは三鷹駅ゆきバスの始発駅でもあり、座っての通勤・通学も可能。
中央通りの美しい並木道を真っすぐ約10分で三鷹駅に到着します。

特に通勤時間帯は、約3~4分に1本の間隔でバスが運行されているので、
時刻表を気にせずにバスを利用することもできます。

本件の敷地の前を流れる千川上水は、
江戸時代から人々に親しまれてきた歴史のある水路です。

時代の流れとともに姿を変えながらも、
東京都の清流復活事業によって、かつての美しい清流が復活しました。

上水沿いの小道には桜をはじめとする木立が繁り、
四季を彩る美しい情景が連なっています。

本件の敷地の隣を走る中央通りは、三鷹駅と行政集積エリアとをつなぐ、
武蔵野の大動脈とも言える通りです。

この中央通りには、五日市街道付近から本件の敷地近くまで
桜並木が続き、周辺の桜も合わせると、その数は何と約200本。
春には見事な桜のアーチが通りを彩ります。

※徒歩分数は80mを1分とし端数を切り上げて算出しています。 ※掲載の写真は、2017年4・9月に撮影したものです。(ImagePhotoを除く)
掲載のCG画像・イラストは計画段階の図面に周辺の感局状況を付加し、描き起こした物で実際とは異なり、今後変更になる場合がございます。設備機器・配管類等は一部簡略化しております。なお、植栽は特定の季節の状態を示すものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。樹木の種類等は変更となる場合がございます。敷地周辺の建物・電柱・標識・架線・ガードレールは再現しておりません。